読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

お客は判断しにくいからつらい

梅雨の時期に入ったからなのか、ここ最近、食中毒のニュースをひんぱんに見かけるようになった気がする。
たとえば東京都渋谷区の保育園では、園児41人を含む計43人に下痢や嘔吐などの症状が現れ、その後の調べでノロウイルスが検出されたことが判明。
この保育園には調理室があって、給食を出していたようなのだけど、その給食にノロウイルスが混入していたんじゃないかと見られているみたい。
ノロウイルスって冬季に流行る胃腸風邪ってイメージがあるけど、6月に入ってからも集団感染を起こしたりすることがあるから怖い(´Д`;)
さらに今月11日には、ミシュランガイドで4年連続一つ星に選ばれている鎌倉の会席料理店で食中毒が発生。
食事をした客14人が下痢などの症状を訴えたんだそう。
こちらはまだ原因菌が特定されていないみたいだけど、保育園の調理室に比べたらそれこそ徹底して衛生管理されているはずの高級料理店でも発生するんだから、今の時期はどこも100%安全ってことはないんだなあと痛感した。
それにしてもミシュランで一つ星に選ばれた名店でも、食中毒が起こるっていうのは衝撃的。
まあ料理の美味しさと衛生管理はまた別物なんだろうけど、会席料理店って店の外観も内観も上品で、調理場も衛生的ってイメージがあるから意外。
やっぱりそれだけ梅雨時は食べ物の管理が難しいってことなのかなあ。
でもネットのコメントを見ると、結構問題のある飲食店って多いみたい(汗)調理場が外部から見えないようになっているお店って多いから、お客さんは判断しにくいし、難しいところだよね・・・。