読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

今思えば空気読めてなかったかなあ

私は昔からカラオケが苦手。正確に言うと歌を歌うこと自体は嫌いじゃなく、むしろ好きなのだけど、元来が人見知りの性格なので、人前で自分の歌を披露するっていうのがだめみたい。
まあ歌がうまくないから恥ずかしいって気持ちもあるわけだけど、でもプロ並みにうまい人なんて少数だし、よっぽど調子がはずれていなければまわりだってさほど気にしないっていうのはわかってる。
なのでやっぱり「下手だから」より「人前で歌うのが苦痛」というのが当てはまるんだろうな。
で、学生の頃はサークルや友達の集まりでカラオケに行こう!となっても、自分は歌わないっていうことが多かった。
でも今考えてみれば、カラオケに行きながら一階も歌わないっていうのは空気の読めない人間だったかなあ・・・と。
うまい下手は関係なく、とりあえず1曲でも歌っておけば場の雰囲気を崩さなくてよかったのかもなあ。
まあ私が歌っていなくても、まわりは十分盛り上がっていたから、目に見えて雰囲気を壊したってわけじゃないんだけど、それでももうちょっと大人の対応をすればよかったかなと今では思う。
今は子供がいるからめったにカラオケなんて行かなくなったけど、たまに行った時は昔のことを教訓に、最低でも1回は歌うようにしてるんだよね。
でもそれもあくまで勧められたら・・・というか順番が回ってきたらの話で、私が歌わなくても誰かがどんどん歌ってくれるなら、わざわざ歌う必要もないかなと思っている。
きっと「○○も歌って!」とマイクを渡してくれる人は、遠慮しているんじゃないかな?って心配して気に懸けてくれているんだろうけど・・・でも正直な話、放っておいてもらった方が嬉しかったりするんだよね(^_^;)