読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

残虐な事件が多い

先月、子猫を生きたまま学校の敷地内に埋めた教師がいるということで話題になったけど、今度は練馬区内の小学校の校門で猫の死骸が見つかったということで大きな問題になっている。
同区内では今月に入ってから小学校または路上で首を切断されたり、蹴られたりしたらしい猫の死骸がいくつも発見されているということで、おそらく同一人物ではないか?という方向で操作が進められているらしい。
見つかったのは25日の午後9時くらいで、当然子供たちはすでに下校した後だったからまだよかったものの、見つけたのは小学校に通う女性教員だったというから、かなりショックだったに違いない。
それにしても、夜9時の段階で見つかったということは、子供たちがまた下校しているであろう夕方4時くらいまではなかったわけで、その空白の5時間内に誰かが放置していったということだよね・・・。
小学校なので、防犯カメラとかは期待できなさそうだけど、目撃情報とかないのかなあ。
練馬区内の小学校ということだから、おそらくまわりに家とかたくさんあるような気がするんだけど・・・。
ちなみにうちの子達が通う小学校で同様の事件が起こった場合、目撃証言なんて皆無だろうな。
まわりは一面田んぼに覆われていて、少し歩かないと人家すらない場所だもん(汗)
それにしても今回見つかっただけですでに3匹目とのこと。動物虐待がむごいというのは当然だけど、それをわざわざ小学校の校門前に置くというところにそこはかとない悪意を感じる。
早くつかまってほしいものだ。

広告を非表示にする