読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

バレンタインの悲しい思い出

バレンタインはお菓子メーカーのためのイベント企画・・・なんてうがった見方もあるけど、それでも年に一度の大イベントに変わりはなく、かわいいチョコが店頭にずらっと並んだり、手作りチョコを作る楽しみがあったり・・・となんだかんだで楽しいイベントのひとつでもあると思う。
でも、バレンタイン=女性が男性にプレゼントする日という性質上、いい思い出ばっかりじゃなく、悲しい思い出もあったりするんだよね。
一番ベタなのは男性の「誰にももらえなかった」っていうケース。
まあ社会人になってからはそうでもないと思うんだけど、学生時代はまわりの友達はいっぱいもらっているのに、自分だけもらえなかった・・・なんてことがよくあるから、なおさらきついと思う(汗)
でも逆に女性だって、せっかくバレンタインにチョコあげたのに、ホワイトデーで何もリアクションがないっていうのはさみしいんだよね~。
もちろんこっちが「プレゼントしたい」と思ってあげるものだから、見返りを求める方がおかしいのかもしれないけど、やっぱりちょっとは期待しちゃうもんね(笑)
ちなみに私は片想いの人にバレンタインのチョコをあげたことがあるけど、お返しは来なかったなあ(苦笑)
今は夫と子供と、実家にいる父と弟にそれぞれプレゼントしているので、ホワイトデーにはちゃんとお返しがあるんだけど、全員家族だからドキドキも何もなく、「いつもありがとう」的な贈り物になっちゃってるかも。
一方、小学生の娘は男の子の友達にあげたりするので、手伝うこっちもドキドキ(笑)親になると別の意味でバレンタインが楽しみになるね♪