読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

画像付きにしても効果あるのかなあ

たばこのパッケージっておしゃれなものが多いけど、国立がん研究センターが行った意識調査によると、警告表示の面積を拡大したり、画像付きで警告したりすることに賛成と答えた人が7割もいたのだそう。
ここでいう警告表示というのは、たとえば「喫煙は肺がんリスクを高める」とか「健康を害するおそれがある」とかそういう注意書きのこと。
一応、現在のたばこのパッケージにもそういった警告文は記載されているんだけど、側面に目立たない文字でちょっと書かれているくらいで、正直目に付かないんだよね。
実際、日本のたばこのパッケージに記載されている警告文は、全体の面積の30%程度にとどまっているんだそう。
しかも警告文は文字通り「文」だけで、画像は一切なし。これがさらに警告文を目立たなくする原因になっているみたい。
ちなみに画像を活用した警告表示は、先進国を中心に世界77ヶ国が採用。
要するにたばこの害に対する警告文については、日本は世界各国よりだいぶ遅れているというわけ。
まあ人間って文字は簡単にスルーできるけど、画像についてはぱっと目にしただけで記憶に残るから、画像付きの方が印象に残りやすくて効果的なんだよね。
正直、たばこのパッケージについても、おしゃれにする必要ってあるのかなって常々思ってたし。
タバコは吸っている本人はもちろん、まわりにも迷惑をかけるものなのに、何かっこつけてんの?って感じ。
まあ画像付きの警告文を入れたところで、どのくらい効果があるかわからないけどね・・・。
だって喫煙している人の大半は、健康に害を及ぼすことを知っていながら吸ってるんだもん。