読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

いっぱい設置されたら便利かも

JR東日本が、駅に宅配受取ロッカーの設置を開始することを発表したのだそう。
宅配受取ロッカーというのは、その名の通り、宅配便を受け取ることができるロッカーのこと。
宅配便を取り扱っている業者はいくつかあるけど、JR東日本ではそのうち日本郵便ヤマト運輸とサービスを連携し、「ゆうパック」と「宅急便」の荷物を受け取れるようにするのだとか。
実際にロッカーを設置するのは来月からで、今のところは池袋や川口、大井町など都内の駅が候補にあがっているみたいだけど、1年以内に100駅程度に設置する予定らしい。
同じようなサービスとしては、楽天が提供している「楽天ボックス」というのがあって、こちらも楽天市場などで注文した商品を、指定のボックスで受け取ることができるんだよね。
このロッカーの便利なところは、自分の都合に合わせて、好きな時に受け取れること。
自宅で受け取る宅配便の場合、届く日にちは大体わかっていても、実際に何時何分に荷物が届くかわからず、なかなか出かけられないというデメリットがある。
一応時間指定のサービスもあるけど、「午前中」とか「12時~14時」とか時間帯に幅があって、その間は結局足止めされちゃうんだよね。
さらに勤めている人や学生さんは平日日中は家にいないという人が多くて、帰宅したらポストに不在届が入っていた・・・なんてことも多い。
そうなると再配達の連絡をするのも面倒だし、何より配達する側も二度手間になって余計に手間ひまかかっちゃう。
その点、ロッカーを利用すれば、再配達の手間を省けるから時間も労力もコストも省けて一石二鳥というわけ。
まあ普段駅を利用する人限定のサービスではあるけれど(^_^;)ロッカーを設置する場所が増えれば増えるほど、それだけ利便性もあがって便利なんだろうなあと思う。