読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

それでも「誘拐」なんだよね・・・

静岡県で、20代の県職員の男が10代の少女を誘拐した罪で逮捕されたのだそう。
どうやら去年の8月上旬、県内在住の飲食店店員の10代後半の少女を、未成年であると知りながら誘拐した疑いがあるのだとか。
逮捕されたのは今月なので、約8ヶ月間にわたって女の子を誘拐したことになるわけだけど・・・。
ただ、誘拐された女の子には監禁されたような痕はなかったそうで、健康状態も問題なし。
そもそも誘拐にいたる経緯についても、家出してきた少女を自宅のアパートに連れてきたということだから、無理やりの誘拐ではなかったみたい。
それでも相手が未成年であることから、未成年者略取、つまり誘拐に該当するんだよね。
相手が20歳以上とウソをついていたならまだしも、10代だと知っていて、その上で自宅に連れてきたのだから、まあ自業自得ではあるけれど。
でもこういう場合、「誘拐」された少女は無罪放免なのかなあ・・・。
つい最近、2年間にわたって中学生の女の子が誘拐・監禁されていたという事件があったけど、あのときとは事情が違っていて、別に無理やり監禁されていたわけではないもんね。
というより、女の子の方には自分が「誘拐された」という自覚はこれっぽっちもなくて、単なる家出としか思っていなかったんじゃないだろうか。
小さな女の子ならともかく、10代後半ともなれば大体の事情だってわかるはず。なのに未成年者というだけでおとがめなしっていうのは何だかなあ・・・と思ってしまう。
もちろん、年上の男の方が悪いっていうのは大前提だけれどね。