読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

精神的な部分が大きい

私はこれまで2人の子供を出産していて、どちらも初期の頃につわりを経験している。
ただ、下の子のつわりは割と軽い方で、寝込むことはなかったのだけど、上の子の時はかなり重症で、それこそ一日中寝て過ごすということも少なくなかった。
同じ条件のもとに宿った命なのに、なぜこんなにつわりの度合いが違うのか・・・とすごく不思議になったおぼえがあるのだけど、つわりに関してはまだまだ原因がはっきりわかっていないため、重い人・軽い人の違いも未解明のままなんだとか。
ただ、やっぱりストレスは少なからず関係しているそうで、周囲の環境を見直すとつわりの症状が軽くなることがあるんだそう。
そこでふと思い出したのが、上の子と下の子では妊娠している時の生活環境が大きく異なっていたこと。
上の子の時はまだ夫が独身の頃から住んでいた1DKにいて、せまかったし、物もごちゃごちゃしていてそれがストレスになっていたように思う。
さらに当時は引っ越してきたばかりで周囲の土地勘もなく、外にも出て行けない有様・・・。
そういった環境が知らないうちにストレスになっていたのかな、と。
一方、上の子の時は現在住んでいるマイホームに引っ越していて、広さも日当たりも◎。
さらに言えば、上の子のお世話をしなきゃいけないので、寝込んでなんかいられない!と気が張っていたのもつわりが軽くなった原因のような気がする。
要は「気の持ちよう」なのかなあと。つわりって病気じゃないぶん、精神的な影響をすごく受ける症状なんじゃないかなと思う。