読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

毒々しい青いちくわ・・・

さっき、ネットで愛媛県松山市の住宅街周辺で猫が相次いで死んでいるのが発見された・・・というニュースを見た。
住宅街の一角には不審な青いちくわが置かれていたそうで、もしかしたらそれを食べて中毒死したのでは・・・と推測されているみたいだけど、まだくわしいことはわかっていないみたい。
ただ、問題の青いちくわの画像は出ていて・・・まるで青い絵の具を塗ったような不自然な青色で愕然。
「青いちくわ」と最初に聞いた時は、青カビが生えているような状態だったのかな?と思ったんだけど、これは人工的な真っ青。
つまり人が故意に仕掛けた罠の可能性が高いと思う。
猫の死因は発表されていないみたいだけど、一部では農薬が混入していたんじゃないかという噂もあり・・・。
私は農薬を使ったことがないのでわからなかったのだけど、調べてみたら青色の農薬というのは確かに存在するみたい。
しかも調べていたら、青色のちくわかウインナーのようなものを食べて、わんちゃんが嘔吐、けいれんしたという記事を発見。
幸い、すぐに病院に行って治療してもらったので助かったのだけれど、亡くなったわんちゃんもいたと病院で聞いたのだそう。
その記事は2014年のものなんだけど、それ以前からも同じようなことがあった・・・とお医者さんに言われたのだとか。
なのでこの青色ちくわ、前例がない事件じゃないのかも。
地面に落ちていたものだし、そもそもこんな毒々しいちくわを人が誤食することはないと思うので、動物を狙った犯行だとは思うんだけど・・・。
でも、たとえば1歳くらいの子だと、何もわからないまま拾って食べちゃった・・・なんてことだってあり得るよね?
どちらにしても悪質きわまりない。早く犯人がつかまればいいと思う。