読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

なるほど、上手い戦略

去年10年ぶりにシリーズ最新作として公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。
日本はもちろん、全世界が待ち望んでいたシリーズ最新作だけに、公開前から話題が沸騰。
実際に公開されてからは全世界で次々に新記録を樹立し、累計興行収入はなんと112億円を突破したのだそう。
その人気はいまだ衰えることを知らず、公開されてから3ヶ月近く経つというのに、映画ランキングでトップ10以内にランクインし続けているそうで、初めて見る人よりも、おそらくリピーターが多いことがうかがえる。
人気のある作品はロングラン上映されることが多くて、フォースの覚醒も未だにあちこちの映画館で上映されているのだけど、まだ人気が続いている中、なんと上映が今月25日で一斉終了することが発表されたのだそう。
映画は一定期間上映された後、各映画館ごとに上映を終了していくのが一般的なので、地域や映画館によってその映画が終了する日時というのはまちまち。
ところがフォースの覚醒の場合、今月25日をもって全劇場・全スクリーンでの上映を終了させるというのだから、かなりめずらしい例だよね。
まだリピーターもいる中、どうして打ち切るのかなあ?と疑問だったのだけど、どうやらタイムリミットをもうけることでラストスパートをかけようという計画みたい。
あらかじめ「○月○日に終了」と告知しておけば、「もう見られなくなるんだ。それなら終わる前にもう一度見に行こう」というリピーターの集客が見込めるもんね。
普通は上映終了の告知って出されないから、もう一度見ようと思っていたのにいつの間にか終わってた・・・となることがほんんど。
その点、先に告知してしまうのは、なるほど、うまいセールスの仕方だなあと感心した。