読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

余った年賀ハガキの使い方

昨年末、何とか年内に年賀状を作成し終え、おおみそかに夫の実家に帰省したのだけど、年明けに帰宅してみたら、ポストに年賀状が届いていた。
ほとんどは自分からも出していたので問題ないのだけど、中学生の息子宛にこちらから出していない子からの年賀状が何枚か届いていてびっくり。
息子に聞いたら「そういえば去年も届いてた」とのことorz
これだから男子は・・・・と思いつつ、あわてて年賀状を買いに行くハメに。
ただ、ふと思ったのだけど、これって去年もあったような顛末・・・。
私の場合、年賀状はパソコンで作成していて、宛名もパソコンソフトで管理しているから、必要枚数だけを購入するのだけど、今度からは必要枚数+αで購入しておくべきだな・・・と思った。
で、2回目に買いに行ったときは万一のためにと思って2枚ほど余分に購入しておいたのだけど、結局それ以降は予想外の年賀状は届かなかったので、年賀状が余ってしまった。
これは郵便局に持っていけば普通のハガキと交換してくれるみたいだけど、無料で交換してくれるのは年賀ハガキ販売期間中のみ。
今は当然年賀ハガキの販売は終了しているから、郵便局での交換には1枚5円の手数料がかかってしまう。
微々たるものではあるけど、実際には必要なかった手数料だと考えると何だかもったいない感じ(汗)
なので私は年賀ハガキがもし余ったら、何かの懸賞に使おうとあらかじめ決めていた。
年賀ハガキの「年賀」の部分を消してしまえば、普通のハガキとして使えるから、懸賞用にはもってこいなんだよね。
友人や知人が相手だと、いかにも「余らせたもの」という感じでイメージが悪いけれど、懸賞ならそんな気遣いをする心配もないしね(笑)