読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

今年はまだ少ないインフルエンザ

冬はさまざまな病気が流行るけど、中でもこの時期必ず猛威をふるうのがインフルエンザ。
大体10月~11月頃から患者が増え始めて、12月~1月あたりはピークを迎えるのが常なのだけど、1月に入った現在も流行入りは発表されないまま。
昨日も厚生労働省が最新の患者数を発表したけど、流行入りの目安に達していなかったのだそう。
ちなみに年を越してもインフルエンザの流行入りが発表されないのは9年ぶりのことだそうで、いかにめずらしいケースかがわかるというもの。
実際、今シーズンはインフルエンザの患者がとても少ないと言っているお医者さんも多いそうで、とある病院では前年同期比の3分の1しかいなかったんだとか。
じゃあどうして今年はインフルエンザが流行していないのかと言うと、どうやら気象との関係が大きい模様。
今年の11月~12月にかけては全国的に高温多雨の傾向が続いたため、感染症にかかりやすくなる低温少雨にならなかったのが原因みたい。
ウイルスって乾燥した環境を好むし、人間は体温が下がると抵抗力が弱まるから、高温多雨がインフルエンザ流行を抑えたっていうのはなるほど納得。
ただ、流行が遅れているからと言って、そのまま患者数が少ないままかというとそうとも言い切れないのがつらいところ(^_^;)
実際、過去には流行が遅れた後、爆発的に患者が増えたこともあったから、最低でも3月を過ぎる頃までは気を抜かない方がいいんだろうなあ。
うちの子たちも今日から学校が始まったし、気をつけるように言いきかせないとね。