読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

虫刺されの薬がないときの対処方法

蚊に刺されたところはすぐかゆくなるから、無意識にかいてしまいがちだけど、かくと虫刺されの跡がくっきり残ってしまったり、ひどいときには傷口からばい菌が入って化膿してしまったりするから、できればかゆくても我慢して触らない方がいいんだよね。
でも刺された直後のかゆみっていうのはハンパなくて、我慢するのも一苦労・・・。
もちろん、今はかゆみを抑える虫刺され用の薬もたくさん販売されているけど、虫刺されの薬を切らしていたら目もあてられない(汗)
でもそんなときは、身近にあるもので虫刺されのかゆみを消すことができるらしい。
たとえば固形石けん。虫刺されの場所に石けんをそのまま塗りつけるという意外な方法を実践すると、かゆみが収まるんだって。
あとはペースト状の歯磨き粉とか、制汗剤、マウスウォッシュなんかもかゆみを抑えるのに効果的なんだとか。
固形石けんや歯磨き粉はどこの家庭にもひとつはあるだろうし、もともと肌や口内に使うものだから皮膚に塗っても害はないだろうし、確かにこれは便利かも。
あとは氷で冷やしたり、濃いめに入れたお茶や紅茶に消毒用アルコールを加えたものを塗ったりするのもいいんだって。
さらに意外だったのは、バナナもかゆみ止めに使えるってこと。
身をすりつぶして患部に塗ると、不思議とかゆみが収まるんだとか。
まあすりつぶしたバナナを皮膚に塗るとなるとちょっとベタベタして気持ち悪いし、そもそももったいないから、家にいるなら固形石けんや歯磨き粉で対応した方がいいかもね(笑)