読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

ハマれなかった名作ゲーム

「名作と言われたゲームをプレイしてもハマらなかった経験」という記事を見掛けたので、ゲーマーの私としては興味があり、読んでみた。
そうしたら、確かに名作・大作と言われるゲームがずらりと並んでいたのだけど、そのハマれなかった理由を見てみたら、共感できるところもあって納得。
たとえばドラクエシリーズ。一番多かったのは7で、理由は「酔う」から(笑)
ドラクエは7からそれまでの2D描写ではなく3Dの立体描写に変化したのだけど、7はそのときの視点変更がぐるぐるしていて、あれは確かに私も画面酔いした覚えがある(笑)
特に鬼門は一番最初の村。あの村を出るまでにどれだけ迷子になり、どれだけ3D酔いしたことか(汗)
それでもゲームそのものは面白かったので、意地でプレイしたのだけど(笑)
あとは意外なところでスーパーマリオブラザーズシリーズ。
アクションゲームとしては王道だけど、アクションが苦手な人はやっぱり途中でつまりやすいから、イライラして投げちゃったって人も多いみたい。
それとバイオハザードシリーズ。怖くて進めなかったという人が結構多くて、そういう人はそもそもバイオハザードに向いていないんだと思う(笑)
ただ、バイオハザードも一番怖かったのは未だに初代だと言い切ることができる。
最初でインパクトが強かったからというのもあるけど、シリーズが進むにつれて何だか怖さがどんどん半減していって、単なるびっくりゲームみたいになっちゃったんだよなあ・・・。
ゲームとしては今の方が複雑で面白いのかもしれないけど、やっぱり雰囲気は初代が一番だな♪