読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

4月12日はパンの日だったらしい

過ぎ去ってから初めて知ったのだけど、昨日4月12日はパンの日だったらしい。
別に語呂合わせでもないし、何がどうしてパンの日なんだろうと調べてみたら、制定されたのは以外にも1983年と結構古い。
制定したのはパン食普及協会(そういう団体が存在するのも初めて知った)で、1840年に中国でアヘン戦争が起こった際、徳川幕府が海外からの侵攻に備えるため、パン作りを命令。
なぜパンだったかと言うと、ひとつは保存性・携帯性に優れていたこと。そしてもうひとつは、炊くときに煙があがって敵に居場所を知られてしまうおそれがあるご飯に比べ、パンは煙が出ないから・・・というのが理由らしい。
で、徳川幕府の命令に応じて、江川太郎左衛門という代官が兵糧パンを作ったのが1842年の4月12日になんだとか。
それにちなんで4月12日はパンの日に制定されたんだって。
なるほど、最近流行の語呂合わせによる記念日制定じゃなかったわけね(笑)
でも制定されて30年以上経つというのに、あんまり浸透していない気がするのはなぜだろう・・・。
私が無知だったせいもあるかもしれないけど、パンの日なんてものがあるなら、全国のパン屋さんでもっと宣伝してもいいような気がするんだけどなあ。
たとえば「今日4月12日はパンの日だから記念で割引します!」とか。
でもほとんどのパン屋さんでは独自に割り引きデーみたいなのを決めているから、わざわざパンの日にあやからなくてもいいのかも(笑)