読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

最後まできれいに出し切るボトル

マヨネーズやケチャップのようなプラスチックボトルに入れられた調味料って、最後の最後まできれいに使い切るのは難しい。
以前、家庭の裏技を紹介する「伊東家の食卓」で、「チューブの中身をきれいに使い切るには中に空気を入れてフタをして、口を逆さまにしたまま思いっきり振るといい」というのをやっていて、実際にやったら本当にきれいに出てくるようになったので、番組が終わって数年経つ今も現役で裏技を使っている。
ただ、それでも「最後の一滴まで」ってわけにはいかず、ある程度妥協は必要。
もったいないなあと思いつつ、つまようじとかでかき出すのもねえ・・・とそのまま捨てていたんだけど、そんなチューブの悩みを根本から解消するアイテムが発明されたんだって。
その名も「リキグライド」。海外で開発された商品らしいけど、容器を傾けるだけで最後の一滴までするするっと中身が出てきて、ボトルはぴっかぴか。
えーどうして?と動画を見て思わずつぶやいてしまったんだけど、開発者いわく、マヨネーズやケチャップがスムーズに出てこないのは容器との間に生じる摩擦が原因だから、容器と内容物の間にあらかじめ層を作っておくと、するっと中身が落ちてくるんだって。
これなら最後にいちいちボトルを振る手間もないし、きれいに使い切れてエコだし、すごい!と思ったんだけど・・・。
今度はあまりにもスムーズに出てくるから、思った以上に使い過ぎちゃうってことはないのかな?といらない心配をしてしまった(笑)
これまでの「出にくい容器」になれちゃってるから、あんまり勢いよく出てくると違う意味でもったいないかも・・・。