読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

既読・未読機能って必要なの?

スマホを持たず、LINEもやっていない私にとって「既読スルー」という言葉は知識として知ってはいても、実際に体感したことはない未知のもの。
LINEはメッセージを相手が読んだかどうかリアルタイムにわかるようになっていて、相手がチェックしたら「既読」、読んでいなかったら「未読」になるらしい。
で、ちょっと前までは「未読」に寂しさや不安を感じる人が多いというニュースをやっていたんだけど、最近は「既読」になっているのに返信がこない、いわゆる「既読スルー」の方に不安を感じるという人が増えているんだって。
おそらくLINEの開発元は、「既読か未読かわかるようにすることで、相手にメッセージの内容がちゃんと伝わっているかどうか把握できる」という意味で現在の機能をつけたんだと思う。
実際、普通のメールだと、送ったはいいものの、果たして相手がちゃんとメールを読んだかどうか、内容が伝わっているかどうか不安・・・・ということもあるからね。
ただ、冷静に考えると、「読んでもらわないと困る内容」を、「読むかどうかわからない(もしくは届くかどうかわからない)」メールで伝えるというのがおかしい話で。
緊急の用件であればあるほど、電話したり、直接会ったりして伝えるべきだと思う。
だから個人的に既読・未読機能ってストレスの原因になるからやめた方がいいと思うけどなあ。
というか、そこまでこの機能のありがたみを感じている人っているのかな?
ほとんどの人はストレスのもとになっていると思うんだけど。