読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

グロくて使えそうもない・・・

以前、某グルメ漫画で「日本は外国に比べて食器にもこだわりがあり、大切にする」というような台詞があった。
まあ外国にも有名な食器ブランドはたくさんあるし、これは言い方が極端だと思うけど、要は「目で楽しめる食器も食事の大事な要素のひとつ」と言いたかったんだと思う。
確かにかわいいお皿、きれいなお皿に盛りつけられていると、それだけでおいしそうにみえることってあるもんね。
でも中にはかえって食欲が減退しそうな食器を作っちゃう人もいるらしく・・・。
たとえばイスラエルのとあるスカルプターは、なんと食器に人体の一部が溶け込んだようなデザインを取り込んだんだって(汗)
実際に画像を見たら、これがまた何ともリアルでグロくて、たとえば皿から指が飛び出てしっかりとティーカップをつかんでいるデザインとか、カップの内側にあーんと開いた口がデザインされているとか・・・。
正直、ネタとしては面白いかもしれないけど、実際に使いたいかと聞かれたら、絶対に使いたくない(笑)
ちなみに制作者本人は、現在の使い勝手がいいテーブルウェアのあり方を見直してみたいと考えたんだそう。
つまり、あえて使いにくい食器を生み出したということらしいんだけど、発想がいろいろ間違っていると思う(笑)
まあ実用的な評価はともかく、リアリティはあるから、アートとしては評価できる・・・のかな?
日常では使わないと思うけど、ホラー映画とかの小道具としては活躍の場がありそう(笑)