読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

もっと母乳をあげ続けるべきだったかなあ・・・

現在小学生の子供2人はどちらも母乳で育ててきた。
理由はただひとつで、その方が経済的だから(笑)
生まれる前からせっせとマッサージしたせいか、おかげで母乳はたくさん出てくれたんだけど、母乳ばかりあげてミルクをあげなかったらほ乳瓶を受け付けてくれなくなり、それはそれで大変だった・・・。
ほ乳瓶になれていれば、たとえ私がいなくても、夫がミルクを作ってあげたりできたんだけどねえ。
そんな昔のことをふと思い出したのは、イギリスでなんと6歳の子どもにいまだに母乳をあげている母親がいるというニュースを見たから。
母親は「子どもはより幸せで健康です」ってあまり気にしていないみたいで、子どもが自然に母乳をやめるまで与え続ける予定らしいけど、普通は1歳くらいで卒乳しちゃうから、衝撃的なニュースとして世界中に知れ渡ったらしい。
でも授乳期間は長いほど知能が向上すると言われているそうで、WHOでは2歳以降まで母乳を継続するのを推奨しているんだとか。
うちの場合、子どもが二人とも離乳食が大好きで、別に卒乳しようと思っていたわけじゃないのに、自然とほしがらなくなってしまった。
なので卒乳に困ったという経験は一度もなくて、その点は楽だったなあなんて思っていたんだけど、こういう話を聞くと、もっと母乳をあげていればよかったのかな~なんてちょっと後悔・・・。
でも子どもがほしがっていないものを無理にあげるのはどうかと思うし、うちではあれが辞めどきだったんだろうなあと思うことにした。
子育てでは「こうしたらいい」「ああしたらいい」ってルールにがんじがらめになると最後、自分を追い込んでしまうから、厳しいルールは設けない方がいいんだよね。