読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一日あっという間

あっという間に過ぎていく一日のできごとを書いていきます

クリスマスに親が困ること

うちの子供たちは二人とも小学生。上の子は内心どう思っているかわからないけど、下の子はまだ低学年で、サンタクロースの存在を信じ切っている。
なので、毎年この時期に悩まされるのが、用意したプレゼントの隠し方。
特に鬼門はプレゼントが自宅に届くとき。以前はわざわざおもちゃ屋さんまで出かけていって買っていたんだけど、最近はもっぱらインターネットショッピングに頼りきり。
店まで行く手間が省けるし、おもちゃの場合、ネットで買った方が断然安いということも多いのが理由なんだけど、ネックになるのが自宅に配送されてしまうこと。
もちろん届けてもらうことそのものは便利でありがたいんだけど、「ピンポーン♪」と玄関のチャイムが鳴って、インターホンで応答したときに宅配便だとわかると、子供たちがすばやく反応するから困る。
それというのも、普段自宅に届く荷物の中には懸賞で当たったものや、遠方に住む親戚からの贈り物もあって、子供たちにとっては自分にとってうれしいもの(主にお菓子やジュース)が入っていないかどうか気になって仕方ないらしい。
普段は別に開けられて困るものはないから、受け取った時に「開けていいよ~」と渡してしまうんだけど、今の時期に限ってはそうも行かず・・・。
平日日中に届いた場合は子供たちは学校にいて不在なのでいいんだけど、夕方に届いたり、あるいは土日に届いたりすると、受け取った時の対応に困ってしまう。
今回は幸い子供たちが気づく前に荷物を受け取れたのでよかったけど、クリスマスまであと2週間。
今度は受け取った荷物を隠しておく場所を考えなくちゃ・・・・。